照射

脱毛は、お肌に少なからず刺激を与えます。
そのため脱毛後は必ず適切なアフターケアをして、トラブルを予防することをおすすめします。また、保湿をすることで脱毛効果はアップするので乾燥対策は十分に実施しましょう。

脱毛後は軽い火傷

脱毛したての肌は熱を持っているので、よく冷やすことが大切。サロンでは冷却ジェルなどを使って冷やしてくれますが自宅で自己処理をした場合も、同じようによく冷やすようにしましょう。

冷やすのは簡単。
氷を包んだハンカチやタオル・アイスノンなどで自己処理後に冷やすだけで大丈夫です。

保湿用ローションを使おう

熱がおさまったら、脱毛した部分のお肌に保湿用のローションやクリームなどを塗ります。サロンに通い続けている間は、脱毛する箇所が乾燥したり、荒れたりしないよう普段から保湿には気を配るようにしてください。

肌の状態が悪いと脱毛できない

脱毛サロンでは施術当日に肌の状態が悪いと、施術を断られることがあります。お風呂は、軽くシャワーを浴びる程度に留めるのがおすすめ!

湯船にお湯をためて入浴してしまうと、開いた状態の毛穴から雑菌が入ったりする可能性もあります。レーザーや光で脱毛した場合は、皮膚が軽いヤケド状態になっていると考えると良いですよ。

脱毛に絶対NGな日焼け

脱毛サロンでは日焼けは厳禁!
レーザーや光は黒い色に反応してしまいます。そのため日焼けによってメラニンができているとレーザーや光が毛根をうまく探し当てることができません。サロンでの施術は断られる可能性もありますし、効果が半減してしまいます。

脱毛サロンは自分で処理をするよりも安全に脱毛ができます。特に家庭用脱毛器の利用は要注意!

脱毛サロンではお肌のプロが肌の状態を見極めながら強さを調整してくれます。家庭用脱毛器を使う場合は必ず肌の状態にあわせて強さを調整してくださいね。